[ブルガリア] ブルガリアの旅(2) 絶景の古都ヴェリコ・タルノボ

[ブルガリア] ブルガリアの旅(2) 絶景の古都ヴェリコ・タルノボ

トルコからブルガリアに入国。ブルガリア第二の都市であるプロブディフを訪れた後は、友人の旅人からおすすめされたヴェリコ・タルノボへ。

ブルガリアで一番美しい街だというヴェリコ・タルノボ。一体どんな場所なんだろう?

絶景の古都ヴェリコ・タルノボ

アジアの旅から継続しているヒッチハイクをブルガリアでも続行。プロブディフを去り、ヴェリコ・タルノボへ向かう。

ブルガリアでのヒッチハイクも親切な人々に恵まれ絶好調。長時間の待機なしにヴェリコ・タルノボへ。

ヴェリコ・タルノヴォは、ブルガリアでも最古の街の一つ。この地域に人間が居住していた最古の痕跡は紀元前3千年だそう。現在は2020年だから、何と5千年の歴史があります。

古都ヴェリコ・タルノヴォが最も栄えたのは、12世紀から14世紀にかけて。ブルガリア帝国の首都としてその政治、経済、文化、宗教の最重要拠点となっていた。

しかし14世紀オスマン帝国が勢力を増し、ブルガリア帝国は陥落。その後19世紀までは、オスマン帝国の支配下へ。現在に残る旧市街からは、オスマン帝国支配の影響が強く感じられます。

何と大相撲で活躍した、琴欧州(現材は年寄:15代鳴戸親方)は、ここヴェリコ・タルノボ出身だそうです。こんな美しい街で生まれ育ったんだ。

この街でカウチサーフィンでホストしてくれたのは、鳴戸親方ではなく、ムアンさん。彼の友人と一緒にヴェリコ・タルノボ中、色んな場所を案内してくれました。

彼は日本の文化にも興味があり抹茶をご馳走してくれたり、ディジェリドゥと呼ばれるオーストラリアのアボリジニの伝統楽器を演奏したり、素敵な男だった。夜はハンモックにクッション置いて寝てたし。

彼の家は伝統的な家屋が並び立つ旧市街のど真ん中。路地を歩き始めると、石畳の坂道が続き、中世の雰囲気を感じさせてくれます。

各家のバルコニーや窓が装飾されていて、ベランダで植物を育てている人も多く、歩いていてウキウキするような街。

しばらく歩くと、街の全景が見下ろせる場所に。急斜面に張り付くようにして建つ美しい街並みと、その下を蛇行して流れる川の風景。

川沿いにあるレストランにはテラス席があり、窓からこの風景を楽しみながら食事を楽しむことも!夜にも食事に訪れたのですが、すごく良い雰囲気でした。

食事を楽しんだ後は、街がある側から川を挟んで向こう側へ。反対側から眺めるヴェリコ・タルノボも美しい。

そして何と知る人ぞ知る秘密のルート、鉄道専用の橋を渡り、トンネルをくぐり抜け、街の中心部へ戻る。

街を良く知るローカルに案内してもらうと違う。自分一人だったら絶対こんな場所には来れない。カウチサーフィンの醍醐味の一つがこれ。

街の中心部に戻った後に目指したのは、ツァレヴェッツの丘と呼ばれる場所。ブルガリア帝国の時代、ここには王宮や教会、住宅があり、要塞都市として機能していました。

しかしながら、その要塞都市もオスマン帝国の攻撃により陥落。現在は頂上に建つ教会のみが残り、後はほとんど廃墟の状態。

それでも多くの観光客がツァレヴェッツの丘を訪れる理由は、丘の上からの景色。どこから眺めてもヴェリコ・タルノボは美しい。ブルガリアを旅するなら、絶対に訪れてほしい場所です。

ヴェリコ・タルノボから日帰りハイキング トリャブナ・ボヘンツィトレイルを歩く

歴史的な街並みが美しいだけでなく、周囲に広がる自然も美しいヴェリコ・タルノボ。滞在中にホストのムアンおすすめの場所にトレッキングにも行ってきました。

トレッキングコースの名はトリャブナ・ボヘンツィトレイル(Tryavna Bojentsi Trail)

ヴェリコ・タルノボから電車でトリャブナまで行き、そこからボヘンツィまでトレッキング。ボヘンツィからはヒッチハイクでヴェリコ・タルノボまで。途中にドリアーノボ修道院(Dryanovo Monastery)を訪れてきました。

まずはトリャブナ村。トリャブナ村にはブルガリアの山間部の美しい田舎の風景が。

建物も白い壁で統一され、屋根は伝統的な薄い石で葺かれています。

この村では伝統工芸品も有名で、町の広場では素敵なそれぞれのブースで美しい手工芸品も販売されていました。

このトリャブナからトレッキング開始。ボヘンツィ村へ向かいます。

春を迎え少しずつ温かくなってきたブルガリア。梅の花が咲いている。

丘の上からは、美しい山々が。まだかすかに白く雪が残っているのも見える。

驚いたことに、方向を示す看板まであった。

春が訪れを知らせるかのように、黄色い小さな花が咲いている。

どれくらい歩いたかな?気がつくとボヘンツィ村へ。

トリャブナよりも、もっと田舎。

こんなのどかな村では、どのような暮らしが営まれているのだろう。

もう少しのんびりと数日ほど過ごしてみたかったな―。

この村で見つけたのが、梅の木に結ばれたマルティニッツァ。マルテニッツァとは紅と白の紐で作られたブレスレットのようなお守り。赤い糸は邪悪なものを遠ざけ、白い糸は健康・長寿・平安などを意味するそう

ブルガリアには、このマルティニッツァをプレゼントしあう習慣があります。マルティニッツァをもらったら、手首に巻いたりなどして身につけます。

そして、春の訪れとともに手首からはずし、一年の健康と幸せを祈って新芽の出た木の枝に結びつけるのだとか。素敵な習慣ですね。

春の訪れを感じながらボヘンツィ村を後にし、ドリアーノボ修道院(Dryanovo Monastery)へ。

ドリアノーボ修道院は、ブルガリア正教会の修道院です。この修道院は12世紀にブルガリア帝国の間に設立され、大天使ミカエルに捧げられています。

修道院自体も素晴らしいのですが、渓谷内に建設されたそのロケーションも絶景。

ヴェリコ・タルノボを訪れた際は、ぜひとも美しい自然と伝統的な農村も同時に楽しんでみてください。

おわりに

[ブルガリア] ブルガリアの旅(3) 美しき革命の村コプリフシティツァとワインの産地メルニック

インスタグラムやツイッターでは旅の最新情報をお届けしています。よろしければフォローお願いします。

ブルガリアカテゴリの最新記事

Translate »